通信するためのモデルとしてのTCP/IP

通信で学んだモデルウォーク

通信するためのモデルとしてのTCP/IP 私の友人は、様々なファッションショーで活躍をする、モデルをしています。しかし友人はまだ学生で、それが本業ではありません。そのため、レッスンなどは全て実費で受けなければならず、それを学業と両立することも大変なことでした。しかし、将来芸能界を目指している友人は、そのファッションショーという大舞台を捨てるわけにはいかず、実費でレッスンを繰り返しながら、いい事務所を探しているところです。そんな友人は今、よりよいモデルを目指そうと、取り組んでいることがあります。それは、モデルウォークを徹底的に身につけるということでした。ファッションショーに出演するにあたって、自分を綺麗に見せるだけではなく、その着ている洋服を観客に魅せなければならないのです。これは、単にモデルの顔や体が綺麗でもできないことなのです。どれだけ綺麗な動きをするか、また、どれだけ優雅にターンをするかという、モデルウォークにかかっているのでした。そこで友人は、通信教育講座を利用して、このモデルウォークを練習することにしたのです。
実際のレッスン場に通わず、通信を選んだのは、少しでもお金をかけないようにするためでした。基本さえ学ぶことができれば、後は自分の努力次第だと考えたからです。こうして友人は、自宅でレッスンを続け、そのモデルウォークを身につけたのです。それはもう、友人の努力の賜物のとしか言いようのない仕上がりでした。友人は、将来絶対に芸能界に出ると言っています。

お役立ち情報



Copyright(c) 2022 通信するためのモデルとしてのTCP/IP All Rights Reserved.