通信するためのモデルとしてのTCP/IP

TCP/IPモデルで通信が行われる理由

通信するためのモデルとしてのTCP/IP 通信は階層化してモデルを作る事によってすぐれた事ができるわけですが、この階層化をどのようにするのかというのはいろいろな考え方があります。現在ではOSI7階層モデルなどが有名ですが、その他にも実用的なものとしてTCP/IP階層モデルもあります。そのモデルにはメーカーが独自に定めたものもあります。このように、色々なモデルがあるというのが現在の状態であると言えるでしょう。そのうちの、OSI7階層モデルは、理論的には最も美しく整理されたものであると考えられています。そのため、階層モデルを考える上では、理論として把握しておく必要があるでしょう。これに対して、TCP/IPの階層モデルは4つの層に分けられています。
OSI7赤い層モデルは、実際にはほとんど使われることはありませんでした。つまり、理論的には非常に優れたものであったとしても、それが実用的ではなかったとも考えられます。TCP/IPは、実は理論的に説明が難しい部分も抱えていますし、将来的な不安というものもあります。たとえば、ARPは階層モデルで説明する事の難しい部分であると考えられるのです。それにも関わらず、TCP/IPモデルが持ち入られている理由としては、TCP/IPが実用的であるからだと言えるでしょう。これが最も大きな理由であると考えられます。理論的な美しさよりも、実用性を優先した事によって、TCP/IPが普及して、現在のスタンダードになったとも言えるでしょう。


Copyright(c) 2022 通信するためのモデルとしてのTCP/IP All Rights Reserved.