通信するためのモデルとしてのTCP/IP

通信のモデルの階層化について

通信するためのモデルとしてのTCP/IP 通信のモデルは、現在では階層化されて作られています。なぜ階層化が必要なのかというと、これは、商品を開発するというときのことを考えておくと必要性が分かりやすいと思います。通信をするときにはハードウェアだけではなくてプロトコルも必用となります。今プロトコルをハードウェアに組み込むという事もできるでしょう。プロトコルをハードウェアに組み込む事にはそれほど大きな問題はないと言えるでしょう。ハードウェアに組み込む事によって利用すれば、それに何らかの問題が生じるわけではありません。ただし、ネットワークカードなどを作るときには、プロトコルの知識も必要となりますし、その上に位置するソフトウェアの知識も必要となってくるでしょう。
そして、もしも新しいプロトコルが開発されたときには、どのようになるのでしょうか。新しいプロトコルが開発されると、古いネットワークカードは使えなくなります。あるいは何らかのソフトウェアが開発されても使えなくなってしまうでしょう。このようなことを考えれば、ハードウェアは通信のみを行い、プロトコルの制御はソフト的に行うというように分けた法がよいというのは明確です。そうすればプロトコルが変更されても、ソフト的な対処ができるでしょう。ここではハードウェアだけを分けて考えましたが、これをさらにいくつかの階層に分けていくと、ソフトウェアの開発時点でも利便性が高まるという事が分かります。子尿な事から、通信のモデルは階層化して考えるようになっているのです。


Copyright(c) 2022 通信するためのモデルとしてのTCP/IP All Rights Reserved.