通信するためのモデルとしてのTCP/IP

通信に必要な接続業者、パソコンなどの一連をモデルと言います

通信するためのモデルとしてのTCP/IP 通信は多数ありますが双方向でも最低2種類あります。パソコン通信では販売店でパソコンを購入して、通信回線を契約し、通信回線とパソコンを設定する事でインターネットに参加する事が出来る一連のパターンをモデルと言います。このパターンは過去と現在では異なりますので現在の住環境や設備など満たしているを前提で話を進めています。パソコンを購入するには個人の利用目的を定めていないと利用でないことになりますがパソコン購入店でパソコンの設定をしてもらう事は出来ますのでトラブルの無い間は利用が可能ですが簡単なトラブルが発生でも解決できないことになりますとパソコン購入店で問い合わせという事になります。
自己で解決できない人は将来に置いて様々なトラブルを解決できないことに一致していますのでパソコンの取り扱いは無理という事になります。パソコンはコンピュータであることを事前に認識していないと失敗し、無駄な高価な物を購入したことに終わってしまいます。パソコンを選べば、次は通信回線契約をなりますが現在は光回線が主流になっていますので政令指定都市で、更に住環境が一戸建て住宅及びマンションで光回線の設備がある事になっていますので一戸建て住宅及びマンションでも光回線を利用できない地域という事になります。パソコンの購入より先に光回線の条件を調べてパソコンを購入する方が高価な買い物をする失敗は少ないです。
話が前後しましたが光回線を導入する事が出来るのかどうかが先でパソコンの購入は二の次です。

お役立ち情報



Copyright(c) 2022 通信するためのモデルとしてのTCP/IP All Rights Reserved.