通信するためのモデルとしてのTCP/IP

通信販売サイトの利用モデル

通信するためのモデルとしてのTCP/IP 私は四年制大学を卒業しています。そこでは、経営学を専攻し、日々社会の流れについてを勉強していました。私は将来、会社を経営していきたいと考えていたので、この画期的な勉強には、とても興味を持って講義を受けていました。その中で、通信販売サイトについて学ぶ機会がありました。経営には幅広くその方法があり、もちろん通信販売も経営の方法の1つです。私はここで、お客様のご利用モデルケースについて学びました。それによって、お客様は様々な意図で、通信販売サイトをご利用されているということがわかりました。第一のモデルケースは、主婦でした。主婦が通信販売サイトを利用するとき、それは家族のいない日中に多いそうです。そして、購入するものの多くは、食品類かファッション、メイク用品だそうです。これは、家族に隠れた至福の時間を過ごしたいという、主婦の欲が表されていると知りました。第二のモデルケースは、学生でした。
学生が通信販売サイトを利用するときの気持ちには、流行を先取りしたいという思いがあるそうです。それは、インターネットには最新の情報がリアルタイムで掲載されていくからでした。そのため、学生の利用時間の増える、夕方から夜にかけては、新情報の更新が向いているという風に学びました。私はこのように、通信販売のモデルケースをもとに、経営について学んだことがありました。これは、経営学の中でも特におもしろいと感じた講義でした。


Copyright(c) 2022 通信するためのモデルとしてのTCP/IP All Rights Reserved.